ドクター久賀谷のコラム「こころにまつわるおはなし。」が更新されました。 最新コラムはこちらからご覧ください。 第71回 : 親業とこころ ...
もっと読む

マインドフルネスの真髄は、何かに注意を向けるというシンプルな方法でヒトの良いところを引き出すことだと思っています。雑多な考え、煩い、人を支配したい願望、我欲などはえてして、私たちの他者への反応を厳しくしたり、思いやりを持って接することを難しくしたりします。マインドフルネスはそういった雑多をなくすことで、良くない私たちを減らすと思います。 子育てで例えば思春期の子供を持つと、子供の自立願望と、親は子供をまだ管轄下に置いておきたい支配願望や我欲の子供への転嫁などが衝突を生みます。そこでマインドフルネスは、良い自分を引き出すことで衝突を減らします。また、衝突の大きな意味を見ることを促します。子供が親を離れ、親が子供を離れるプロセスです。すると違った景色が広がってきます。また、子供の将来を心配するあまり、自分の期待を転嫁して子供を苦しませる場合については、期待よりも子供のありのままを尊重する...
もっと読む